• 2020-10-28
  • 2020-10-17

位置情報を利用するエンタープライズアプリを構築する – WWDC2020

Session概要 自社ビジネス用に位置情報を利用するエンタープライズアプリを開発し、従業員の日常生活を個人向けに使いやすくします。AppleがiBeaconと位置情報サービスを使用し、自社内のカフェテリア向けにCaffe Macs アプリを構築した方法と、従業員のプライバシーを保護しながら、それら […]

  • 2020-10-27
  • 2020-10-17

優れたウィジェットをデザインする – WWDC2020

Session概要 ウィジェットは、タイムリーな情報をアプリからiPhone、iPadおよびMacの主要な場所へと押し上げます。ひと目でわかるウィジェットを設計し、強力なウィジェットのアイデアを生み出し、コンテンツ、色、サイズ、レイアウト、及びタイポグラフィーを明確に伝えるためのポイントを紹介します […]

  • 2020-10-26
  • 2020-10-17

SwiftUIにおけるアクセシビリティ – WWDC2019

Session概要 アプリをアクセシビリティ対応にすることが重要であるのと同様に、素晴らしいアクセシビリティ体験を設計することも重要です。このセッションでは、優れた体験には何が必要か、そして理解しやすく操作しやすいアプリを作成する方法について説明します。SwiftUIでは、自動的にアプリにアクセシビ […]

  • 2020-10-25
  • 2020-10-11

アプリを視覚的にアクセシブルにする – WWDC2020

Session概要 アクセシビリティを考慮にいれたデザインをすると、アプリを使う人全員にパワーを与えることができます。アプリに適応性の高いインタフェースを作り、思慮深いアプローチから色を選び、読みやすいテキストを提供し、全体に優れた体験を提供できるような視覚的設定を採用する方法について https: […]

  • 2020-10-24
  • 2020-10-11

アクセシビリティ Inspector – WWDC2019

Session概要 Accessibility Inspectorを活用すると、アプリの中でアクセシビリティに対応していない部分を特定することができます。その部分をアクセシビリティ対応にする方法についてフィードバックが表示されるほか、VoiceOverのシミュレーションも行われるため、ユーザーが実際 […]

  • 2020-10-22
  • 2020-10-10

Switch Controlのアクセシビリティ – WWDC2020

Session概要 Switch Controlはモビリティ(機動性)に多大な制限を受ける人にとって非常にパワフルなアクセシビリティテクノロジーとなります。その機能はiOS上でネイティブに提供され、tips、ticksといくつかのAPIを使いより優れたSwitch Controlを作成することも可能 […]

  • 2020-10-21
  • 2020-10-10

ビジュアルデザインとアクセシビリティ – WWDC2019

大きいテキストに対応することの重要性について考えましょう。このセッションでは、iOSの新しいAPIであるDifferentiate Without Colorについて説明します。このAPIを活用すると、色覚異常などの視覚障害のあるユーザが簡単にアプリを使用できるようになります。このAPIの使用方法と […]

  • 2020-10-20
  • 2020-10-09

カスタムローターを使ったVoiceOverの効率性 – WWDC2020

Session概要 カスタムローターを統合し、あなたのアプリ内での複雑な状況でユーザがVoiceOverを使いナビゲーションを受けられるようになる方法をお見せします。複雑に入り組んだインタフェースであっても、カスタムローターがあればユーザは探りながら進むことができ、VoiceOver頼りの人に対して […]

  • 2020-10-19
  • 2020-10-09

カスタムアクションでアプリのアクセシビリティを高める – WWDC2019

Session概要 カスタムアクションでは、アプリで支援技術を使用するユーザの体験をシンプルにすることができます。また、インタフェースの操作とタスクの実行に必要なスワイプやタップの数を減らすことっができます。このセッションでは、VoiceOverとスイッチコントロールで使用するカスタムアクションの活 […]